名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English
キャンパスマップ | アクセス | お問い合わせ

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

Undergraduate
学部

Department and course学科とコース

総合生命理学科とは

本学部は、生命科学を中心に据え、物質科学及び数理情報科学を含めた総合的な教育研究を行うことを理念としています。細分化され専門性に特化した旧来の理学部の概念を脱し、分野横断的な基礎知識を修得しつつ、特定の専門分野を学修します。そのことで、各人が直面する課題を適切に分析し解決に導く能力を身に付け、地域社会に貢献することができる人材の養成を目指しています。

2つのコース

理学という広い学問領域の中で,学生が履修科目を円滑に選択できるようにするため,2つのコースを設けます。共に,理学と情報科学の基礎を学び,その後,自分の興味を深める分野へと進みます。コースはあくまで履修科目選択の指標を与えるものであり,コースごとの必修科目はありません。途中でのコース変更も可能です。

生命情報コース 自然情報コース
理学の基礎を全般的に学び,その後に生命科学の専門分野の授業科目を履修します。生命科学系の研究者,教員,技術者などを養成するのに適した授業科目を選択します。生物学,化学,物理学,数学,情報科学の基礎を学び,その上で生命科学に特化した生態学,生理学,進化学,生命情報学,生化学,細胞生物学,分子生物学,応用生物学,分子遺伝学などの授業科目を選択して履修します。 理学の基礎を全般的に学び,その後に物質科学や数理情報科学の専門分野の授業科目を履修するコースです。基礎的な生命科学に通じ,そのことを強みとして生命科学以外の分野で活躍できる研究者,教員,技術者などを養成するのに適した授業科目を選択します。生物学の基礎を必修として学ぶとともに化学,物理学,数学,情報科学の基礎を学び,その上で発展的な化学,物理学,地学,数学,情報科学の分野の授業科目を選択して履修します。

履修フロー

代表的な履修モデルを図に示します。最初に理学の基礎を総合的に学び,その後2つのコースに分かれます。「生命情報コース」では,生命科学の専門基礎科目および専門科目を履修します。「自然情報コース」では,生命科学を含む理学の専門基礎科目を履修したのち,各専門へと分かれます。

大学院とのシームレスな連携

本学には,理学系の大学院として,システム自然科学研究科理学情報専攻が既に設置されているため,学部から連続性の高い学修を実現し,柔軟かつ計画的に専門性の高い人材を養成することが可能です。本学部の「生命情報コース」は研究科の「生命情報系」につながり,同じく「自然情報コース」は「自然情報系」へつながる研究教育体制となっています。