開催スケジュール

2017年6月開催分までのスケジュールは下記の通りです。
お申し込み方法はページの最下部をご覧ください。

取り上げて欲しい「話題」、あるいは運営方法などにご要望がありましたら、
どうぞお気軽にサイエンスカフェ事務局までご連絡ください。

第120回

05/19(金) 午後6時〜8時

第2の地球を探せ!
−宇宙に生命を探す科学−

話題提供者 : 田村 元秀 氏(東京大学大学院理学系研究科・教授 / 専門:赤外線天文学,アストロバイオロジー)

 太陽系では地球や木星をはじめとする計8個の惑星が太陽を周回しています。いっぽう、太陽以外の恒星のまわりにある系外惑星は、発見されてからわずか20年ほどで既に3500個を超えています。単に発見数の増大だけでなく、太陽系の惑星とは似ても似つかない多様な系外惑星の姿も明らかになってきました。最近は地球に似た惑星やスーパーアースと呼ばれる地球より少し重い惑星の観測に関心が高まっています。なかでも、惑星表面上で水が液体で存在しうるハビタブル惑星は、宇宙における生命を議論する上で最も興味深い対象となります。プロキシマbなど系外惑星観測の最前線と宇宙に生命を探すアストロバイオロジーの取り組みを紹介します。

会場 : 7th CAFE(セブンスカフェ)
  名古屋市中区栄 3-18-1   ナディアパーク内 デザインセンタービル 7 階   (協力 : 青少年文化センター[アートピア])

アクセス: ⇒ 詳細はこちら
  地下鉄名城線 「 矢場町 」 徒歩10分

参加費 : 実費 (600円 : コーヒー/紅茶/ジュース+お菓子)

定員 : 30名(予約優先です。空席があれば当日参加も可能ですが、先着順となります。)
定員に達したため,受付を終了しました(4月24日)。
当日は席に余裕がある場合に限り参加可能です。

第121回

06/16(金) 午後6時〜8時

結晶表面のうずまき模様
〜結晶が成長するしくみについて〜

話題提供者 : 三浦 均 氏(名古屋市立大学大学院システム自然科学研究科・准教授 / 専門:惑星科学,結晶成長学)

 人類と結晶の関わりの歴史は,紀元前にまで遡ります。最初は装飾品として重用され,かの有名なクレオパトラ7世は自らのエメラルド鉱山を持っていたと伝えられています。古代ギリシャの時代には結晶の成因について関心が高まり,プラトンやアリストテレスなどの偉大な哲学者たちが様々な仮説を論じました。そして,科学革命を迎えた17世紀に,近代的な結晶成長学の法則が発見されるに至ります。しかし,結晶成長の統一理論が誕生するまでには,そこからさらに300年もの歳月が必要でした。現在では,無機物からなる結晶だけでなく,タンパク質のような有機物からなる結晶の成長についても,この統一理論で説明できることがわかっています。今回のサイエンスカフェでは,結晶が成長する基本的なしくみについてご紹介します。

会場 : 7th CAFE(セブンスカフェ)
  名古屋市中区栄 3-18-1   ナディアパーク内 デザインセンタービル 7 階   (協力 : 青少年文化センター[アートピア])

アクセス: ⇒ 詳細はこちら
  地下鉄名城線 「 矢場町 」 徒歩10分

参加費 : 実費 (600円 : コーヒー/紅茶/ジュース+お菓子)

定員 : 30名(予約優先です。空席があれば当日参加も可能ですが、先着順となります。)

お申し込み

お名前とご住所、ご希望の回(開催日)を記入の上、いずれかの方法で下記までお送りください。※お申し込みは,開催日の1ヶ月前より受け付けております。
(お名前・ご住所等の個人情報を第三者に提供・開示することはありません)

[電子メール]scicafe[at]nsc.nagoya-cu.ac.jp ([at]を@に変えてください)
[郵便] 往復はがきで、
  〒467-8501 名古屋市瑞穂区瑞穂町字山の畑1
  名古屋市立大学大学院システム自然科学研究科
  サイエンスカフェ事務局 宛
[FAX](052) 872-1531
[電話](052) 872-5802 (山の畑事務室)