研究内容

過去の研究テーマを紹介します(現在進行形のものも含まれます).随時追加していきます.

色覚バリアフリーを目的とした色変換

色の違いを考慮した高性能モノクロ変換

Helmholtz-Kohlrausch効果を考慮した彩度強調

Multiscale Retinexに基づいた視認性改善

最小全域木を用いたランダム値インパルス性雑音除去

イラストレーション画像を対象とした色転写

博士論文題目
  • 悪条件下で撮影された画像の視認性改善に関する研究(2016年度)
  • 照明変換による2色覚のための視認性改善に関する研究(2014年度)
  • 修士論文題目
  • 2色覚のためのコントラスト改善の定量評価に関する研究(2018年度(2019年秋))
  • 境界判別型雑音検出に基づくインパルス性雑音除去手法(2018年度)
  • 異なる撮像条件で取得されたカラー画像の色調整手法(2017年度)
  • 人物写真を対象とした不均等リサイジング手法(2016年度)
  • HSI色空間を用いた色変換に関する研究(2016年度)
  • Color2Grayアルゴリズムにより生起されるクレイク・オブライエン効果に基づいた2色覚者のための明度修正法(2016年度)
  • Color2Grayアルゴリズムにおける角度パラメータの設定(2015年度)
  • 局所コントラストの保存に優れたカラー画像のモノクロ変換(2014年度)
  • 線構造復元に優れたインパルス性雑音除去(2013年度)