名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English
キャンパスマップ | アクセス | お問い合わせ

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

Achievement
研究業績

青栁教授の論文が国際学術誌ChemPlusChemに掲載されました

研究分野 物質科学(ナノ構造科学)
掲載誌 ChemPlusChem
論文題目 Small Structural Changes in the Alkyl Substituents of Macrocyclic π-Extended Thiophene Oligomers Causes a Key Effect on Their Stacking and Functional Properties
著者 Toshihiro Fujiwara, Masataka Takashika, Masashi Hasegawa, Yutaka Ie, Yoshio Aso, Shinobu Aoyagi, Hiroyuki Otani, Masahiko Iyoda
所属機関 横浜国立大学, 北里大学, 大阪大学, 名古屋市立大学, 首都大学東京
概要 チオフェンを含むπ共役環状分子は、高いドナー性を持ち、環状の分子構造により多様な規則構造を自己組織化できることから、高機能有機電子材料として期待される。本研究では、アルキル側鎖を付加した3種類の大環状π拡張チオフェン6量体を新規合成し、その溶液中での物理特性を評価するとともに、構造多形を示す複数の分子構造をX線構造解析により決定し、その構造安定性を理論計算により議論した。更に、合成した分子の膜状試料を作製し、その電気伝導特性および有機電界効果トランジスタ特性を評価した結果、構造多形に基づく分子スイッチング機能を示すことを明らかにした。
掲載日 2019年4月26日
DOI 10.1002/cplu.201900062
備考  

 

チオフェンを含む環状分子の分子構造。5角形の部分がチオフェン。黄色はイオウ、黄緑は炭素、白は水素である。