名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English
キャンパスマップ | アクセス | お問い合わせ

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

Faculty Members
教員紹介

青栁 忍アオヤギ シノブ

居室
システム自然科学研究科 5 号館 3 階
E-mail
aoyagi@nsc.nagoya-cu.ac.jp
電話
052-872-5061
FAX
052-872-3495
URL
https://www.nsc.nagoya-cu.ac.jp/~aoyagi/
生年
1975年
所属
自然情報系・教授
略歴
1998年 岡山大学 理学部 物理学科 卒業
2000年 岡山大学大学院 理学研究科 物理学専攻 修士課程 修了
2002年 岡山大学大学院 自然科学研究科 博士後期課程 修了
2002年 高輝度光科学研究センター(SPring-8) 協力研究員
2004年 名古屋大学大学院 工学研究科 助手
2007年 名古屋大学大学院 工学研究科 助教
2011年 名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科 准教授
2013年 名古屋大学理学部 非常勤講師(兼任)
2019年 名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科 教授
学位
博士(理学)
専門分野放射光X線回折、構造物性物理学
研究キーワード放射光、X線回折、結晶構造解析、電子密度解析、固体物理、誘電体、フラーレン
担当科目(大学院)構造物性物理学、自然情報概論、自然情報学特講
(学部等)力学、電磁気学、量子力学、物性物理学、総合理学概論B、自然科学実験、物質科学実験
最近の研究テーマ放射光を用いた高精度なX線回折実験により、結晶中の原子や電子の状態を明瞭に観測することで、様々な物質の性質の起源を解明する研究を行なっています。対象物質は酸化物からフラーレンまで多岐に渡ります。
(1) 放射光X線回折による精密構造物性研究:
大型放射光施設SPring-8の高輝度放射光を用いたX線回折により、結晶構造及び電子密度分布を様々な環境下で高精度に観測するための実験手法と解析手法の開発、並びにそれらを用いた構造物性研究
(2) 金属内包フラーレンの結晶構造解析:
金属内包フラーレンの単結晶電子密度解析による分子構造の決定と外場応答の解明
主な研究業績

Time-resolved structure analysis of piezoelectric crystals by X-ray diffraction under alternating electric field, Aoyagi S, Osawa H, Sugimoto K, Nakahira Y, Moriyoshi C, Kuroiwa Y, Takeda H, Tsurumi T, Japanese Journal of Applied Physics 57 (2018) 11UB06.

Crystalline functionalized endohedral C60 metallofullerides, Nakagawa A, Nishino M, Niwa H, Ishino K, Wang Z, Omachi H, Furukawa K, Yamaguchi T, Kato T, Bandow S, Rio J, Ewels C, Aoyagi S, Shinohara H, Nature Communications 9 (2018) 3073.

Structure of [60]fullerene with a mobile lithium cation inside, Aoyagi S, Miwa K, Ueno H, Okada H, Matsuo Y, Kokubo K, Royal Society Open Science 5 (2018) 180337.

Time-resolved crystal structure analysis of resonantly vibrating langasite oscillator, Aoyagi S, Osawa H, Sugimoto K, Takeda S, Moriyoshi C, Kuroiwa Y, Japanese Journal of Applied Physics 55 (2016) 10TC05.

Tunneling Motion and Antiferroelectric Ordering of Lithium Cations Trapped inside Carbon Cages, Aoyagi S, Tokumitu A, Sugimoto K, Okada H, Hoshino N, Akutagawa T, Journal of the Physical Society of Japan 85 (2016) 094605.

Electrochemical reduction of cationic Li+@C60 to neutral Li+@C60˙: isolation and characterisation of endohedral [60]fulleride, Ueno H, Aoyagi S, Yamazaki Y, Ohkubo K, Ikuma N, Okada H, Kato T, Matsuo Y, Fukuzumi S, Kokubo K, Chemical Science 7 (2016) 5770-5774.

Isolation and Structure Determination of a Missing Endohedral Fullerene La@C70 through In Situ Trifluoromethylation, Wang Z, Aoyagi S, Omachi H, Kitaura R, Shinohara H, Angewandte Chemie International Edition 55 (2016) 199-202.

Atomic motion of resonantly vibrating quartz crystal visualized by time-resolved X-ray diffraction, Aoyagi S, Osawa H, Sugimoto K, Fujiwara A, Takeda S, Moriyoshi C, Kuroiwa Y, Applied Physics Letters 107 (2015) 201905.

Crystal structure analysis of LiTaO3 under electric field, Aoyagi S, Osawa H, Sugimoto K, Iwata M, Takeda S, Moriyoshi C, Kuroiwa Y, Japanese Journal of Applied Physics 54 (2015) 10NB03.

A cubic dipole lattice of water molecules trapped inside carbon cages, Aoyagi S, Hoshino N, Akutagawa T, Sado Y, Kitaura R, Shinohara H, Sugimoto K, Zhang R, Murata Y, Chemical Communications 50 (2014) 524-526.

A novel phosphor for glareless white light-emitting diodes, Daicho H, Iwasaki T, Enomoto K, Sasaki Y, Maeno Y, Shinomiya Y, Aoyagi S, Nishibori E, Sakata M, Sawa H, Matsuishi S, Hosono H, Nature Communications 3 (2012) 1132.

Rock-Salt-Type Crystal of Thermally Contracted C60 with Encapsulated Lithium Cation, Aoyagi S, Sado Y, Nishibori E, Sawa H, Okada H, Tobita H, Kasama Y, Kitaura R, Shinohara H, Angewandte Chemie International Edition 51 (2012) 3377-3381.

A Layered Ionic Crystal of Polar Li@C60 Superatoms, Aoyagi S, Nishibori E, Sawa H, Sugimoto K, Takata M, Miyata Y, Kitaura R, Shinohara H, Okada H, Sakai T, Ono Y, Kawachi K, Yokoo K, Ono S, Omote K, Kasama Y, Ishikawa S, Komuro T, Tobita H, Nature Chemistry 2 (2010) 678-683.

教員からの一言大型放射光施設SPring-8で世界最先端の装置を使って実験してみたい方、結晶内の原子や電子の様子を自分の眼で観測してみたい方、一緒に研究をしてみませんか?興味のある方は気軽にご連絡ください。
学会活動日本物理学会、日本放射光学会、日本結晶学会、フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会