名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English
キャンパスマップ | アクセス | お問い合わせ

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

Faculty Members
教員紹介

舘脇 洋タテワキ ヒロシ

生年
1943年
所属
生体物質情報系・教授
略歴
1966年 北海道大学 理学部化学科 卒業
1968年 北海道大学大学院 理学研究科化学専攻 修士課程 修了
1968年 九州大学 教養部物理教室へ国内留学
1969年 北海道大学 触媒研究所 助手
1978年 アルバータ大学(カナダ) 理論化学部門 博士研究員(~1980年)
1980年 トロムソー大学(ノルウェー) 理論化学部門 博士研究員(1 ヶ月)
1982年 アルバータ大学(カナダ) 理論化学部門 客員教授(3 ヶ月)
1984年 アルバータ大学(カナダ) 理論化学部門 客員研究員(3 ヶ月)
1988年 北海道大学 触媒研究所 助教授
1988年 名古屋市立大学 計算センター 教授
1992年 アルバータ大学(カナダ) 理論化学部門 客員研究員(1 ヶ月)
1995年 エディンバラ大学(英国) 理論化学部門 客員研究員(1 ヶ月)
1996年 名古屋市立大学 自然科学研究教育センター 教授
2000年 名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科 教授(兼務)
2002年 大学院部局化により、名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科 教授
2009年 名古屋市立大学 名誉教授
学位
理学博士
専門分野量子科学、電子構造論、超伝導物質、4f系の電子物性
研究キーワード電子状態、基底関数、小さな分子、超伝導物質、f 電子物性
最近の研究テーマ(1) 非相対論的基底関数の開発:
原子や分子、クラスター、固体の電子状態は原子軌道関数の 重ね合わせからなる分子軌道を基に書き表せます。 この原子軌道を作り上げようという仕事です。
(2) 相対論的基底関数の開発:
(1) と目的は同じです。ただ重い原子では内殻電子の速度が 光速に近づき、相対論の影響が無視できなくなります。 相対論的ハミルトニアン(Dirac-Coulomb)のもとでの 原子軌道を作り上げようという仕事です。
(3) 小さな分子の振動状態を含む電子状態の研究:
N2 とか F2、C2H4 を 自己無撞着場法、配置間相互作用方で 求めようという仕事です。Rydberg 状態と原子価的な状態 (perturber)との相互作用を問題としています。Free Base Porphin のスペクトルの解析にも両状態の相互作用を考えねばなりません。
(4) 超伝導物質を含むイオン化合物の電子状態の研究:
超伝導物質 YBa2Cu3O7 には CuO 鎖と CuO2 面という 2 つの重要な構造があります。 この物質では CuO2 面の O 原子に局在化している空孔が 超伝導電流を担うとされていますが完全格子を仮定し理論計算を行うと 空孔はCuO鎖に入ってしまいます。格子欠陥を取り入れた不完全格子 モデルを考えることにより CuO2 面に空孔を導入するのに 成功しました。でも疑問は沢山残っています。 塩(NaCl)に良く似た固体 NaF の電子状態も最近研究しました。 空孔と電子が相互作用してできる exciton band やイオン化の閾値が 完全格子モデルや格子欠陥を取り入れた不完全格子モデルでほぼ 完全と言って良いほどに説明できました。
(5) ランタニド原子、アクチノイド原子と水の相互作用の研究:
アクチノイド原子と水の相互作用は原子炉からの廃棄物とからんでも 重要です。粘土に含まれる微量のアクチノイド原子にレーザ光線を 当てその励起状態から核種を決められないかと言う試みに直接関連します。 Dirac-Fock 法を使って f 電子の励起状態を研究しています。
主な研究業績

The singlet excited states of the F2 molecule, Journal of Chemical Physics, Vol.118, pp.5413-5421 (2003). 

Quality of the Contracted Gaussian-type Function Basis Sets, Journal of Chemical Physics, Vol.120, pp.5938-5945 (2004). 

Relativistic correlation energies of Helium-like atoms, Phys. Rev., A70, 024501-1-3 (2004). 

Gaussian-type functions without prolapse from 1H through 83Bi for the Dirac-Fock-Roothaan equation, Journal of Chemical Physics, Vol.121, pp.4528-4533 (2004). 

Correlation energies for the He isoelectronic sequence with Z=1 to 120 from the 3rd order Douglas-Kroll Hamiltonian, Chemical Physics Letters, Vol.399, pp.480-483 (2004). 

学会活動日本化学会、日本物理学会、アメリカ物理学会、日本希土類学会