名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English
キャンパスマップ | アクセス | お問い合わせ

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

Faculty Members
教員紹介

中村 篤ナカムラ アツシ

居室
システム自然科学研究科 4 号館 2 階
E-mail
atsushi@nsc.nagoya-cu.ac.jp
URL
https://www.nsc.nagoya-cu.ac.jp/~atsushi/
生年
1963年
所属
自然情報系・教授
略歴
1985年 九州大学 工学部 情報工学科 卒業
1987年 九州大学大学院 工学研究科 情報工学専攻 修士課程 修了
1987年 日本電信電話株式会社(NTT)入社 通信網第1研究所(交換システム研究所に改組)所属
1994年 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)出向 主任研究員
2000年 NTT復帰 コミュニケーション科学基礎研究所 主幹研究員
2009年 同 メディア情報研究部 信号処理研究グループリーダ(室長)
2014年 名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科 教授
学位
博士(工学)
専門分野音声言語処理、情報系列学習識別
研究キーワード音声認識・理解、自然言語、機械学習応用、音声科学応用
担当科目(大学院)プログラミング論、理学情報概論、数理情報学、知覚情報論、自然情報学特講
(学部等)統計学A1、統計学A2、自然と数理8(情報と数理の世界)
最近の研究テーマ(1) 音声言語処理の高度化に関する研究

(2) 情報系列識別のための確率モデル学習基準に関する研究

(3) 識別的学習とベイズ的学習の統合に関する研究
主な研究業績

STRUCTURAL BAYESIAN LINEAR REGRESSION FOR HIDDEN MARKOV MODELS, Journal of Signal Processing Systems (To be published)

SPEECH RECOGNITION IN LIVING ROOMS: INTEGRATED SPEECH ENHANCEMENT AND RECOGNITION SYSTEM BASED ON SPATIAL, SPECTRAL & TEMPORAL MODELING OF SOUNDS, Computer Speech and Language, Vol.27, No.3, pp.851-873 (2013).

PRIOR-SHARED FEATURE AND MODEL SPACE SPEAKER ADAPTATION BY CONSISTENTLY EMPLOYING MAP ESTIMATION, Speech Communication, Vol.55, No.3, pp.415-431 (2013).

CLUSTER-BASED DYNAMIC VARIANCE ADAPTATION FOR INTERCONNECTING SPEECH ENHANCEMENT PRE-PROCESSOR AND SPEECH RECOGNIZER, Computer Speech and Language, Vol.27, No.1, pp.350-368 (2013).

BAYESIAN APPROACHES TO ACOUSTIC MODELING: A REVIEW, APSIPA Transactions on Signal and Information Processing, Vol.1, e5 (2013).

JOINT ESTIMATION OF CONFIDENCE AND ERROR CAUSES IN SPEECH RECOGNITION, Speech Communication, Vol.54, No.9, pp.1014-1028 (2012).

STRUCTURAL CLASSIFICATION METHODS BASED ON WEIGHTED FINITE-STATE TRANSDUCERS FOR AUTOMATIC SPEECH RECOGNITION, IEEE Transactions on Audio, Speech, and Language Processing, Vol.20, No.8, pp.2240-2251 (2012).

STATISTICAL VOICE CONVERSION BASED ON NOISY CHANNEL MODEL, IEEE Transactions on Audio, Speech, and Language Processing, Vol.20, No.6, pp.1784-1794 (2012)

EFFICIENT TRAINING OF DISCRIMINATIVE LANGUAGE MODELS BY SAMPLE SELECTION, Speech Communication, Vol.54, No.6, pp.791-800 (2012).

ROUND-ROBIN DUEL DISCRIMINATIVE LANGUAGE MODELS, IEEE Transactions on Audio, Speech, and Language Processing, Vol.20, No.4, pp.1244-1255 (2012).

教員からの一言近年スマートフォン向けサービス等で身近になってきた、コンピュータによる音声認識を始めとして、音や言葉、人と人、人と機械のコミュニケーションにまつわる様々な研究を行っていきます。機械処理としての精度・品質を高めるだけでなく、コンピュータがより人間らしく振舞うような仕組みづくりも手掛けたいと思っています。新しく出来た研究室です。何事にも情熱をもって意欲的に取り組んで下さる方を求めます。
学会活動IEEE、日本音響学会、電子情報通信学会