名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English
キャンパスマップ | アクセス | お問い合わせ

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

Faculty Members
教員紹介

奥津 光晴オクツ ミツハル

居室
システム自然科学研究科 東棟 2 階
E-mail
okutsu@nsc.nagoya-cu.ac.jp
電話
052-872-5837
URL
https://www.nsc.nagoya-cu.ac.jp/~okutsu/
生年
1974年
所属
生命情報系・准教授
略歴
1997年 川崎医療福祉大学 医療技術学部 健康体育学科 卒業
1999年 東北大学大学院 医学系研究科 障害科学専攻 博士前期課程修了
2002年 東北大学大学院 医学系研究科 障害科学専攻 博士後期課程修了
2002年 東北大学 未来科学技術共同研究センター 研究員
2004年 早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構 助手
2006年 早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構 講師
2008年 デューク大学 - シンガポール国立大学 医学部 研究員
2009年 ヴァージニア大学 心臓血管研究センター 研究員
2013年 早稲田大学 スポーツ科学学術院 助教
2014年 名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科 講師
学位
博士(障害科学)(東北大学)
専門分野分子生理学、筋生理学、運動分子生物学、運動免疫学
研究キーワード骨格筋萎縮、骨格筋再生、骨格筋肥大、動脈硬化症、生活習慣病、運動免疫、酸化ストレス、細胞内情報伝達経路
担当科目(大学院)分子生物学、理学情報概論、生体運動情報学、生命情報学特講
(学部等)健康・スポーツ科学論、健康・スポーツ実技
最近の研究テーマ近年、定期的な運動習慣は骨格筋萎縮や動脈硬化症などの循環器系疾患の予防に効果があることが大規模な運動介入研究や疫学調査により明らかにされています。 この分子メカニズムを解明することは、効果的な運動プログラムの開発や運動と同等の創薬への貢献が期待できる重要な研究課題です。 私たちの研究室では、運動による骨格筋萎縮や生活習慣病予防の分子メカニズムの解明を検討しており、現在は以下の3つの研究テーマを中心に進めています。
 ・ 骨格筋萎縮の分子メカニズムの解明と予防方法の確立
 ・ 妊娠中の定期的運動が出生した子供の骨格筋機能に及ぼす影響
 ・ 運動による動脈硬化症予防の分子メカニズムの解明
主な研究業績

Muscle-derived extracellular superoxide dismutase inhibits endothelial activation and protects against multiple organ dysfunction syndrome in mice. Free Radic Biol Med. 113:212-223 (2017).

ADAM12: a genetic modifier of preclinical peripheral arterial disease. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 309:H790-803 (2015).

Enhanced skeletal muscle expression of extracellular superoxide dismutase mitigates streptozotocin-induced diabetic cardiomyopathy by reducing oxidative stress and aberrant cell signaling. Circulation: Heart Failure, 8:188-97 (2015).

Extracellular superoxide dismutase ameliorates skeletal muscle abnormalities, cachexia and exercise intolerance in mice with congestive heart failure. Circulation: Heart Failure, 7:519-30 (2014)

Exercise prevents maternal high-fat diet-induced hypermethylation of the Pgc-1α gene and age-dependent metabolic dysfunction in the offspring. Diabetes, 63:1605-11(2014)

Corticosterone accelerates atherosclerosis in the apolipoprotein E-deficient mouse. Atherosclerosis, 232:414-9 (2014). 

Autophagy is required for exercise training-induced skeletal muscle adaptation and improvement of physical performance. FASEB Journal, 27:4184-93 (2013). 

Baf60c drives glycolytic metabolism in the muscle and improves systemic glucose homeostasis through Deptor-mediated Akt activation. Nature Medicine, 19:640-5 (2013). 

A novel PGC-1α isoform induced by resistance training regulates skeletal muscle hypertrophy. Cell, 151:1319-31 (2012). 

Exercise training enhances in vivo tuberculosis purified protein derivative response in the elderly. Journal of Applied Physiology, 104:1690-6 (2008). 

Cortisol-induced CXCR4 augmentation mobilizes T lymphocytes after acute physical stress. American Journal of Physiology – Regulatory Integrative and Comparative Physiology, 288:R591-9 (2005). 

(総説)
運動がPGC-1αを介してもたらすヘルス・ベネフィットの分子メカニズムを探る. 臨床スポーツ医学, 2013年10月号, 30(10):977-981. 

教員からの一言運動には健康科学に貢献できるヒントがまだまだたくさん隠れています。一緒に学び研究し健康科学に貢献できる大発見に挑戦できる方を大歓迎します。
学会活動アメリカ生理学会、国際運動免疫学会、日本体力医学会、日本免疫学会