名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English
キャンパスマップ | アクセス | お問い合わせ

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

Faculty Members
教員紹介

渡邊 裕司ワタナベ ユウジ

居室
システム自然科学研究科 4 号館 3 階
E-mail
yuji@nsc.nagoya-cu.ac.jp
電話
052-872-5037
FAX
052-872-5037
URL
https://www.nsc.nagoya-cu.ac.jp/~yuji/
所属
自然情報系・准教授
略歴
1994年 名古屋大学 工学部 電子機械工学科 卒業
1996年 名古屋大学大学院 工学研究科 電子機械工学専攻 博士前期課程 修了
1996年 日本学術振興会 特別研究員 (DC)
1998年 名古屋大学大学院 工学研究科 電子情報学専攻 博士後期課程 修了
1999年 豊橋技術科学大学 知識情報工学系 助手
2005年 名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科 講師
2007年 名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科 准教授
2012年 名古屋市立大学総合情報センター 副センター長(兼務)
学位
博士(工学)
専門分野知能情報学、情報セキュリティ
研究キーワードセキュリティ、生体認証、センサネットワーク、免疫型システム、進化と学習
担当科目(大学院)プログラミング論、情報システムモデル論
(学部等)情報処理基礎、自然と数理8(情報と数理の世界)
最近の研究テーマ(1) スマートフォンにおける行動的特徴に基づく生体認証:
スマートフォンに内蔵された複数センサから、様々な状況下での各ユーザの操作や行動の特徴を抽出し、継続的にバックラウンドで生体認証するシステムを目指しています。

(2) 無線センサネットワークにおける異常検出・修復:
無線センサネットワークにおいて、センサ間の協調による異常データの検出・破棄や故障・電池切れセンサの置換・修復を効率的に行う方法を検討しています。

(3) 免疫系に学んだセキュリティ・分散診断システム:
生物の免疫系が持つ分散的な情報処理機構に着目して、免疫型エージェントを用いたセキュリティ・分散診断システムを研究しています。
主な研究業績

(論文) 
Long-term influence of user identification based on touch operation on smart phone, Procedia Computer Science, Vol.112, pp.2529-2536 (2017).

Toward an Immunity-based Gait Recognition on Smart Phone: A Study of Feature Selection and Walking State Classification, Procedia Computer Science, Vol.96, pp.1790-1800 (2016).

Toward Application of Immunity-based Model to Gait Recognition Using Smart Phone Sensors: A Study of Various Walking States, Procedia Computer Science, Vol.60, pp.1856-1864 (2015).

Influence of Holding Smart Phone for Acceleration-based Gait Authentication, Proc. of IEEE 2014 International Conference on Emerging Security Technologies (EST), pp.30-33 (2014).

Analogy between Immune System and Sensor Replacement Using Mobile Robots on Wireless Sensor Networks, Procedia Computer Science, Vol.35, pp.1352-1359 (2014).

Development of Android Application for Touch Screen-Based Authentication, International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA), pp.376-379 (2013).

A Study of Accelerometer-based Authentication on Walking with Smart Phone, International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA), pp.372-375 (2013).

Toward Introduction of Immunity-based Model to Continuous Behavior-based User Authentication on Smart Phone, Procedia Computer Science, Vol.22, pp.1319-1327 (2013).

(著書) 
第2編第4章第2節 スマートフォンにおけるタッチ操作の特徴による個人認証, 高精度化する個人認証技術最前線, エヌ・ティー・エス, pp.193-201 (2014).

12.5 免疫アルゴリズム, 電気学会・進化技術応用調査専門委員会 編者, 進化技術ハンドブック 第Ⅰ巻 基礎編, 近代科学社, pp.158-160 (2010). 

教員からの一言スマートフォンや無線センサネットワークなどに対して、生体(特に免疫系)の仕組みに学んだセキュリティ・分散診断システムを研究しています。Java やC でプログラムを作成し、スマホ実験やコンピュータシミュレーションを行います。
学会活動IEEE、電子情報通信学会、情報処理学会、計測自動制御学会