名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English
キャンパスマップ | アクセス | お問い合わせ

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

Faculty Members
教員紹介

湯川 泰ユカワ ヤスシ

居室
システム自然科学研究科 5 号館 2 階
E-mail
yyuk@nsc.nagoya-cu.ac.jp
電話
052-872-5039
FAX
なし
URL
https://www.nsc.nagoya-cu.ac.jp/~yyuk/
生年
1965年
所属
生命情報系・教授
略歴
1993年 富山大学 理学部生物学科 卒業
1995年 富山大学大学院 理学研究科生物学専攻 修士課程 修了
1998年 名古屋大学大学院 理学研究科生物学専攻 博士後期課程 修了
1998年 名古屋大学 遺伝子実験施設 施設共同研究員
1998年 学術振興会特別研究員(PD)(名古屋大学遺伝子実験施設)
1999年 ドイツ・ヴュルツブルグ大学生化学部 客員研究員(1ヶ月)
2000年 ドイツ・ヴュルツブルグ大学生化学部 客員研究員(3ヶ月)
2001年 名古屋市立大学 自然科学研究教育センター 研究員
2005年 名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科 講師
2006年 名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科 助教授
2010年 名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科 教授
学位
博士(理学)(名古屋大学)
専門分野分子生物学、RNA生物学、転写制御
研究キーワードin vitro 転写系、高等植物、RNAポリメラーゼ III、低分子RNA、tRNA遺伝子、タバコ、シロイヌナズナ、イネ
担当科目(大学院)遺伝子解析論、遺伝子情報特論
(学部等)基礎生物学、バイオサイエンス入門、自然科学実験
最近の研究テーマI. 高等植物の転写機構の分子生物学的研究
タバコ培養細胞由来の無細胞転写解析法(in vitro 転写系)を使って、 高等植物の遺伝子発現機構の分子生物学的解析を行っています。 核における転写のうち RNA ポリメラーゼ III に着目して研究を進めています。

II. 新規低分子 RNA の探索
最近、タンパクをコードするmRNA以外に、遙かに多くの RNA が転写されていることが発見されました。 これらの RNA のことを特に non-coding RNA とよび、新たな遺伝子制御の概念を塗り替えつつあります。 分子生物学的手法とコンピューターを使って RNA ポリメラーゼ III で転写される新規の RNA の同定を試みています。
主な研究業績

Arabidopsis Pol II-dependent in vitro transcription system reveals role of chromatin for light-inducible rbcS gene transcription. Plant Physiology, vol.170, pp.642-652 (2016). 

A novel hypoxic stress-responsive long non-coding RNA transcribed by RNA polymerase III in Arabidopsis. RNA Biology, Vol.9, 302-313 (2012).

Plant 7SL RNA genes belong to type 4 of RNA polymerase III-dependent genes that are composed of mixed promoters, The Plant Journal, Vol.43, pp.97-106 (2005). 

In vitro analysis of the sequences required for transcription of the Arabidopsis thaliana 5S rRNA genes, The Plant Journal, Vol.35, pp.251-261 (2003). 

Identification and characterization of transcription factor IIIA and ribosomal protein L5 from Arabidopsis thalianaNucleic Acids Research, Vol.31, pp.2424-2433 (2003). 

A tobacco nuclear extract supporting transcription, processing, splicing and modification of plant intron-containing tRNA precursors, The Plant Journal, Vol.28, pp.583-594 (2001).

教員からの一言遺伝子がどのように生物を形作るか、その分子のメカニズムを明らかにする研究をしています。実際には実験とコンピューターを組み合せて新しい遺伝子発現機構の発見を試みています。
 遺伝子の実験がしたい方、コンピューターのスキルを生かしたい方など幅広く歓迎します。自然科学の思考方法、実験方法を懇切丁寧に指導します。
学会活動日本分子生物学会、日本植物生理学会