名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English
キャンパスマップ | アクセス | お問い合わせ

名古屋市立大学大学院 システム自然科学研究科総合生命理学部

Japanese English

Achievement
研究業績

山田麻未さん(奥津研・博士後期課程)の論文が国際学術誌Am J Physiol Regul Integr Comp Physiolに掲載されました

研究分野 生命科学(分子生理学)
掲載誌 Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol
論文題目 Muscle-derived SDF-1α/CXCL12 modulates endothelial cell proliferation but not exercise training-induced angiogenesis
著者 Mami Yamada, Chihiro Hokazono, Ken Tokizawa, Shuri Marui, Masahiro Iwata, Vitor A Lira, Katsuhiko Suzuki, Shinji Miura, Kei Nagashima, and Mitsuharu Okutsu
所属機関 名古屋市立大学,早稲田大学,労働安全衛生総合研究所,日本福祉大学,The University of Iowa,静岡県立大学
概要 運動などの筋伸展刺激は様々な骨格筋の適応を引き起こし骨格筋の形態や機能を改善します。その一つの適応が筋組織内の毛細血管の増加です。毛細血管を増加する因子はこれまでいくつか報告されていますが、本研究ではこれまで報告されていないケモカインの一つであるCXCL12に着目し検討をしました。その結果、筋伸展刺激は骨格筋のCXCL12を増加し血管内皮細胞の分化を促進しますが、運動による毛細血管の増加には直接的には関与しないことを筋特異的にCXCL12を欠損したマウスを作成し立証しました。このことは、運動などの筋伸展刺激による骨格筋の恒常性機構を理解する上で重要な報告であると考えています。
掲載日 2019年10月2日
DOI 10.1152/ajpregu.00155.2019
備考